排卵検査薬【PチェックLH】フライングや使い方

排卵検査薬 Pチェック

排卵検査薬のPチェックLHについて疑問に思った事を調べています
HOME >

排卵検査薬のPチェックはどんな人が使うの?

排卵検査薬のPチェックはどんな人が使うのかというと、自分の排卵日を知りたいと思っている人です。

赤ちゃんが欲しい時には、基礎体温を測って自分の排卵日を特定する方法が一般的だと言えます。

タイミング療法を行う時も、過去の基礎体温表を元にして、排卵日を特定しますね。

妊娠検査薬のフライングの際も、基礎体温の体温変化から期待を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

けれど、全ての女性の基礎体温が高温期と低温期に、ハッキリと分かれている訳ではありません

中には、毎日の体温変化が大きく、線でつなげてみるとガタガタになってしまう女性も、多くいらっしゃいます。

そのような場合、基礎体温だけで排卵日を特定する事は、とても困難だと言えるでしょう。

そんな時に、排卵検査薬であるPチェックを使うのです。

Pチェックは、自分の尿をかけるだけで、おおまかな排卵日を予想する事ができます。

基礎体温ではハッキリしなくても、Pチェックは線によってサインが表示されますので、自分で判断するのも簡単ですね。

排卵日の特定が基礎体温で分かる方でしたらそれでもいいのですが、なかなか自分では判断できなかったり、より信頼できる排卵日が知りたかったりする場合には、Pチェックを利用してください。

排卵検査薬のPチェックの検査結果って信用できる?

排卵検査薬のPチェックの検査結果って信用できるのかというと、かなり信用できると思います

まず、Pチェックを販売している会社はミズホメディーといって、日本の企業です。

排卵検査薬には、中国製といった海外製の製品も数多く存在していますが、当然日本製の排卵検査薬は取り扱い説明書や添付文書が日本語で、しかも私たちに分かりやすく書かれています。

使い方も簡単で、手軽に検査できるよう設計されていますので、検査ミスがほとんどありません。

そういった意味でも、Pチェックの検査結果は信用できると言えるでしょう。

また、多くの排卵検査薬と同じように、Pチェックの排卵検査も尿に排出されるLH(黄体形成ホルモン)の値によって判断しています。

排卵前にこのLHの値が急激に高くなる事は医学的にも判っている事ですので、この点でも信用できますね。

排卵検査薬のPチェックを購入する際に気を付ける事ってある?

排卵検査薬のPチェックを購入する際に気を付ける事は、処方箋を取り扱っている調剤薬局やドラッグストアー等で購入する必要がある事です。

以前は、どこのドラッグストアーや薬店でも販売されていた為、もしかしたら何件もの薬局を探して回る事になってしまうかもしれませんね。

そんな事にならない為にも、事前に取り扱っているのかをチェックしてから購入しに行くようにしましょう。

もし、どうやって調べていいのか分からない場合には、Pチェックの販売元であるミズホメディーのサイトでも簡単に調べる事ができます。

また、排卵検査薬を店頭で購入する事に多少なりとも、抵抗のある方もいらっしゃると思います。

そのような場合は、輸入代行によって通販でも購入する事が可能です。

ただ、薬剤師による販売しかできませんので、その点は注意するようにしてください。

Pチェックを取り扱っているサイトでは、排卵検査薬の詳しい使い方や結果の判断方法など、詳しく説明されているサイトも存在していますので、そのような信頼できるサイトから購入するようにしましょう。

排卵検査薬 Pチェック 排卵検査薬 Pチェック 排卵検査薬 Pチェック



Copyright (C) 2014 排卵検査薬【PチェックLH】フライングや使い方 All Rights Reserved.